芸能・エンタメ

佐藤二朗は三高で過去にリクルートに就職!面白いと話題のSNSを調査!

 

現在、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」『比企能員(ひき・よしかず)』役で出演されている俳優の『佐藤二朗』さん、実力派の名脇役として人気がありますよね!

ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や、ドラマ「今日から俺は!!」の清野菜名さん演じる理子の父親役など、視聴者の印象に強く残る演技を見せてくれる実力派の俳優で何と言っても、アドリブ力が高く、共演者の魅力を引き出すのが上手いですよね!

なので、見ている方も楽しくなるし期待が膨らむというか、、、見れば見るほどクセになってしまう俳優さんのひとりではないでしょうか?

という事で、今回は実力派の名脇役『佐藤二朗』さんについてご紹介させていただきます!

最後までお付き合いいただけたら嬉しいです!!

▼この記事でわかること

  • プロフィール!
  • 佐藤二朗は「高学歴」「高収入」「高身長」の三高!
  • リクルートに就職経験あり!
  • 面白いと話題のSNS(Twitter)
  • まとめ

 

 

 

佐藤二朗!プロフィール!

本名:佐藤二朗(さとうじろう)

生年月日:1969年5月7日(52歳)

出身地:愛知県春日井市

出身大学:信州大学経済学部卒業

身長:181㎝

血液型:A型

職業:俳優・脚本家・映画監督

ジャンル:映画・テレビドラマ

配偶者:既婚(8年の交際を経て2003年に結婚)

子供:1人(男児:2011年12月生まれ(10歳))

 

 

 

佐藤二朗は三高!

佐藤さん、プロフィールからわかる通り意外や意外「高学歴」「高収入」「高身長」のいわゆる『三高』なんですね!

三高って1980年代末のバブル景気全盛期に、女性の主流層が結婚相手に求めたのが『三高』で流行語にもなりましたよね!(今の若い世代にはわからないですね)

佐藤さん、まず、「高学歴」でいうと国立大学の信州大学経済学部を卒業されています。

ご本人いわく、受験して合格したから進学したが、その当時、経済にすごく興味があった訳ではないとのことで、それでも、国立大学に進学できるって優秀ですしそこそこの「高学歴」ですよね!

なんと、信州大学経済学部の同級生に意外な方がいらっしゃいました。

私、佐藤さんと大泉洋さん、何となく同じ匂いがしていて(笑)、、、あまり、関係はないのですが、大泉洋さんの奥様『中島久美子』さん(フジテレビドラマプロデューサー)と佐藤さんは、信州大学経済学部の同級生だったとのことです。

そいう繋がりか~と、、、少し笑えました!!

 

そして、次に高収入でいうと、佐藤さん俳優業だけだと思いきや脚本家・映画監督もされていらっしゃいますから「高収入」ですよね!

▼佐藤二朗さん脚本(テレビドラマ)

  • ケータイ刑事 銭形泪
  • ケータイ刑事 銭形零
  • ショートフィルム道(佐藤四姉妹)
  • 恋する日曜日第3シリーズ「アダルトな恋」
  • 家族八景
  • だんらん
  • 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな

▼佐藤二朗さん脚本(映画)

  • memo(監督・主演も兼任)
  • はるヲうるひと(原作・監督・出演も兼任)

佐藤さん、数々のテレビドラマや映画、CM、ラジオなどに出演されていらっしゃいますが、脚本や映画監督もされていらっしゃいますし書籍も出版されています。

「高収入」で間違いないですよね!!

 

そして、最後に「高身長」でいうと、身長181㎝ 。

「高身長」が一番、私的には意外でした。(笑)

佐藤さんのWikipediaを見て身長181㎝、、、えー???って大声をあげてしまいましたよ!!

181㎝あるようには見えなくないですか?

なぜか?佐藤さんを見るときに目が顔にいってしまうんですよね。

顔にインパクト(顔がデカイ)があるのとガタイがいいから?全体を見ることがなかったので、私的には身長は低いと思っていました。(佐藤二朗さん、ごめんなさい。)

 

この投稿をInstagramで見る

 

まさなか(@mei_fulmer3183)がシェアした投稿

↑↑↑誰かと並ぶと、佐藤さん身長が高いな~とわかりますよね!(ムロツヨシさん、意外と背が低いのね。)

やっぱり、佐藤さん「高身長」で間違いないですね!

ということで、佐藤さんは『三高』に決定です!!

リクルートに就職!

佐藤さん、信州大学経済学部を卒業後、「リクルート」に就職しました。

ところが、佐藤さんそのリクルートを1日で辞めてしまったということです。

東洋経済新聞のインタビューに次のように話しています。

リクルートさんに非がないし、僕も辞める気はなかったんですが、入社式でいっしょに働く同僚や熱意あふれる上司の話を聞いているうちに「この人たちと10年も、20年もいっしょに仕事するんだ。このまま俳優をあきらめるんだな」と実感したのね。

気づいたら入社式のあと、寮にある荷物も置いたまま、ふわ~って鈍行に乗って、地元に帰ってしまいました。

引用元:東洋経済新聞

 

いや、ビックリですね。

1日でリクルートを辞めるなんってある意味凄い、、、でも、その頃から俳優に対する夢を少なからず持っていらっしゃったのですね!

そして、夢を叶えた佐藤さん、知名度があがった頃にリクルートの機関紙の「アントレ」という雑誌から表紙の依頼が来たそうです。

もちろん、リクルートは佐藤さんが1日でリクルートを辞めたことを知っていて仕事を依頼されたそうで佐藤さん「リクルートって懐が広いなって」つくづく思ったそうですよ。

 

 

 

面白いと話題のSNS(Twitter)を調査!

佐藤さんのTwitterには、頻繁に奥様と息子さんのことがつぶやかれています。

Twitterのつぶやきからは、奥様と息子さんを凄く溺愛していることがわかりますよ!

 

 

 

 

佐藤さんはTwitterで、奥様のことを「ルミねぇ」と呼んでいます。

名前がルミ?ルミコ?なんでしょうか?

奥様との出会いは、俳優養成所だったそうです。

佐藤さんより4歳年下の奥様「ルミねぇ」、Twitterを見る限り年下ですが佐藤二朗さんを尻に敷いているのがよくわかります。(笑)

ただ、それ以上に奥様と息子さんを溺愛していることにほっこりしちゃいますますよね!

後、つぶやきの言い回しというか表現が面白いですよね!

脚本もされていることに納得ですよね!

 

 

 

まとめ

今回は、実力派名脇役の「佐藤二朗」さんについてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

佐藤さん、私の中で株があがりました。(笑)

俳優としての実力はもちろんですが、奥様にとっては素敵なご主人で息子さんにとっても素敵なパパで佐藤さん本当に素敵だなあと思いました。

佐藤二朗さんの今後の活躍も楽しみですね♪

本日は、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!