スポーツ

高校サッカー高川学園グルグル円陣で快進撃!面白いとSNSでも話題?

第100回全国高等学校選手権大会の準々決勝が本日(1月4日(火))行われました。

1月8日(土)の国立競技場で行われる準決勝に駒を進めたのは、大津高校(熊本)、関東一(東京B)、青森山田(青森)、高川学園(山口)の4校です。

その中で、話題となっているのが高川学園です。

「グルグル円陣」と命名されているこのプレー、一体どんなものなのか?

「高川学園グルグル円陣で快進撃!面白いとSNSでも話題?」ということで、色々と調べてみましたよ!

最後までお付き合いいただけたら嬉しいです!!

高川学園グルグル円陣で快進撃!

第100回全国高等学校サッカー選手権大会で快進撃をあげている山口県代表の高川学園。

その高川学園男子サッカー部のスローガンは

「目配り・気配り・心配り・日本一だ!」
だそうです。
このスローガンを見た時に、面白いと感じてしまったのは私だけでしょうか?
そして、感じたのがチームワークが良さそうなチームだなと思いました。
高川学園は全国高等学校サッカー選手権大会には、23回出場していて2005年と2007年にベスト4の成績を残しています。
そして、今回も見事準決勝に駒を進めました。
それも、「グルグル円陣」というプレーで、、、。
まず、その「グルグル円陣」が披露されたのが高校選手権大会1回戦の高川学園VS星稜(12月29日(水))との一戦でした。
前半8分、高川学園は右サイド深くでFKのチャンスを得る。
キッカーがボールの前に立つと、中央の仲間たちが繰り出したのが「グルグル円陣」だった。
5人が手をつないで楽しそうに何度も回転すると、キックされた瞬間にドッと散らばって各々がゴールを目ざし、そのうちのひとりであるMF林晴己(3年)がドフリーでヘディング弾を叩き込んだ。
絵に描いたようなトリックプレーに会場は大いに盛り上がりました。
試合は互いにゴールを奪い合い、高川学園が4-2で見事勝利!!

グルグル円陣はいつ生まれた?

先制ヘッドを決めた林晴己選手によると、「セットプレーの練習中にみんなで考えて生まれたアイデアです。あれが僕らの強み」とのこと。

また、江本孝監督は、「選手たちが、自分たちで考えてやっているので。いつも君たちが好きなことをやりなさい。」と、話しているとのことで選手たちの豊かな想像力に驚いている様子。

↓↓↓高校選手権大会1回戦の高川学園VS星稜

https://youtu.be/lDhIX5JuFJs

凄いアイデアですね!!
円陣を組んで笑顔で回っていて本当に楽しそうですね!
見ている方も笑顔になっちゃう、、、(笑)
高川学園の「グルグル円陣」で快進撃、まだまだ、みたいですね!!

高川学園のグルグル円陣が面白いとSNSで話題?

日本の高校生たちが披露したユニークなアイデアに、世界から称賛の声が上がっています!

観客席から撮影されたこのゴールの動画がSNS上で拡散すると、一気に世界中のスポーツメディアが取り上げるまさかの展開に、、、。

スペイン全国紙「Marce」

  • 「日本のティーンネイジャーたちの斬新なアイデアが美しいゴールを生んだ」

英紙

  • 「The Sun」は「見よ!信じられるか!」と銘打ち、円陣を欧米でよく歌われる童謡の歌詞にちなんで「バラの花輪」と称した。
  • 「高川学園の選手たちが閃きに優れたフリーキックで観衆を楽しませた。星稜の守備陣はなす術がなかっただろう」と伝えている。

米ネットワーク

  • 「ESPN」は「華麗なるセットピース」と絶賛。
欧米衛生局
  • 「EURO SPOTS」は「ポテト・サークルだ!」と独特の表現を用い、「今年一番の戦術。高川学園が見せた、まさに夢のような作戦である」と褒め称えた。

↓↓↓SNSの声

 

 

 

もの凄く沢山の声が上がっています!!

円陣2個バージョンもあるんですね!

まだまだ、色んなバージョンがありそうですね!

本当に斬新なアイデアで面白いですよね!

 

まとめ

今回は、「高川学園グルグル円陣で快進撃!面白いとSNSでも話題?」ということでご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

1月8日(土)に国立競技場で行われる青森山田との準決勝の際に、「グルグル円陣」が見れるのが楽しみですね!!

円陣は2個バージョンもしてたので、準決勝ではまた違うバージョンがみれるかもしれないですよね!

本日は、さいごまでお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!