芸能・エンタメ

葛城ユキが死去!腹膜がんとは?旦那や子どもはいるの?プロフィールも!

『ボヘミアン』のヒット曲などで知られる、歌手の『葛城ユキ』さんが亡くなったとのことでSNSで驚きの声が上がり話題となっています。

葛城ユキさんの関係者によると、『腹膜がん』のため都内の病院で亡くなったとのことです。

73歳でした。

昨年4月にステージ4の腹膜がんを患っていることが判明し治療を続けていて、5月17日にはステージ復帰を果たしたばかりでした。

葛城ユキさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

そこで今回は、葛城ユキさんについて「葛城ユキが死去!腹膜がんとは?旦那や子どもはいるの?プロフィールも!」ということでご紹介します。

最後までお付き合いください。

葛城ユキが死去!腹膜がんとは?

歌手の葛城ユキさんが本日(2022年6月27日)腹膜がんで死去しました。

腹膜がんとは、一体どのようながんなのでしょうか?

腹膜がんは、腹部の一部または全体を覆っている腹膜と呼ばれる組織から発生する腫瘍と考えられています。

最近では、うまくから発生したと考えられていたがんは、卵管上皮から発生する上皮内がんがもととなっていると言う見方もされています。

腫瘍の性質は卵巣がんに類似しており、腫瘍細胞の組織学的診断では、ほとんどが卵巣癌同様に漿液性がんに分類されています。

腹膜がんの症状は、多くの場合、初期には無症状です。

進行すると腹水が溜まることによる腹部膨満感(お腹が張った感じ)、腹痛、腰痛、不正出血、排便の異常等を自覚する場合があるとのことです。

葛城ユキさんは、人間ドックで腹膜がんが見つかり、その時にステージ4とのことでした。

初期には無症状とのことなので自覚症状がなかったのでしょうか、、、。

 

葛城ユキに旦那や子どもはいるの?プロフィールについても!

葛城ユキさんは、1979年に一般のサラリーマンと結婚されていますが、一般の方のため旦那さんの素性は一切、公表されていません。

そして、子どもの有無もわかりませんでした。

プライベートと仕事をしっかり区別して、プライベートのことは公表していなかったのだと思います。

旦那さんや子どもの情報が分かり次第、追記します。

葛城ユキプロフィール!

葛城ユキさんのプロフィールをまとめました。

◆葛城ユキプロフィール

本名:田中小夜子(たなか さよこ)

生年月日:1949年5月25日(73歳)

出身地:岡山県川上郡川上町

学歴:片山女子高等学校(現:倉敷翠松高等学校)

ジャンル:J-POP、ヘヴィメタル

■コメント

・岡山県川上郡川上町(現・高梁市)出身

・高校時代はバレーボール部のアタッカーとして活躍しでキャプテンも務め、国体に2回、全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会に1回出場した

・実業団から声がかかり、卒業後倉敷紡績に入社するも、実業団の選手ないで葛城ユキさんの身長では低身長となり、ネットの高さも学生時代より高くなるなどアタッカーでは無理だとのことで「セッターへの転向を言い渡された。私はアタッカー。中心にいないと嫌だった」と言う理由で1ヵ月で退社した

・もともと音楽をやりたいという夢もあり、家出同然で大阪に移住し、音楽スクールに通い始める

・1973年の第6回ヤマハポピュラーソングコンテストに朝霧マチ名義で出場し「小さな出発」で歌唱賞を受賞する

・1974年に葛城ゆきに改名する

・第7回ヤマハポピュラーソングコンテストでは「木曾は山の中」を歌い最優秀賞を受賞する。同年秋の第5回世界歌謡祭でも当局で川上賞に入賞し、同年メジャーデビューする。当初はロックではなく、ニューミュージック系だった。

・1970年代中にゆきから「ユキ」に改名した

・1983年に飛鳥涼と井上大輔が大友夕子に提供した「ボヘミアン」をカバーし大ヒット。自身の代表作となった

・2003年10月2日、フジテレビとんねるずのみなさんのおかげでしたの収録中に人間大砲のゲームでウレタンが敷き詰められたプールに頭から突っ込むように落下した際、第7胸椎粉砕骨折、第8胸椎脱臼の住所を負った。背中にチタンの支柱を埋め込む大手術を受け、当時は体を1ミリも動かせず引退も覚悟したが、驚異的に回復し翌年5月10日に復帰ライブを開いている

・2020年4月6日には37年ぶりに徹子の部屋へゲスト出演した

・晩年は夢グループ主催夢スター歌謡祭春組対秋組歌合戦に出場するなど全国各地を回っていた

・2021年4月26日、ステージ方の原発性腹膜がんを患っていることを発表。翌年5月より入院した上で治療に専念した

・2022年5月17日には千葉県成田市の成田国際文化会館で行われたジョイントコンサート夢スター春・秋」に葛城ユキさんと同じく病気療養静江さんとともに車椅子で出演した。1曲のみの歌唱であったものの約1年ぶりにステージ復帰したが、同年6月27日、腹膜がんのため都内の病院で死去した。2022年6月27日73歳没

https://twitter.com/yukawareiko/status/1541365291464413184?s=21&t=yBMcWX5NbSPwDGydyXBeLQ

 

 

https://twitter.com/supermoon_cupid/status/1541347705360105472?s=21&t=yBMcWX5NbSPwDGydyXBeLQ

 

 

まとめ

今回は、葛城ユキさんについて「葛城ユキが死去!腹膜がんとは?旦那や子どもはいるの?プロフィールも!」ということでご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

葛城ユキさんのハスキーボイスが好きでした。

73歳まだまだ若いですしこれからもっと歌いたかったでしょうに、、、葛城ユキさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

本日は、最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!